2017年08月28日

BLUE NOTE TOKYO から


先日のチックコリアの記事を書くのに
ちょっとBLUE NOTE 東京の会員になってみました。

そうしたところしばらくして
こんな冊子が送られてきました。

20170828_231827

9月23、24日に横浜赤レンガ倉庫で
ブルーノートジャズフェスティバルがあるんですね。

おや。こんなところに"JUJU"が載ってる。
彼女は好きだしジャンル外れでもないと思うから
よしとしよう。

・・・と、今日はチックコリア(とスティーブガット)の
ライブがどれだけ貴重なのか少し語りたい。

一番分かりやすいものでご説明を。

これはその届いたBLUE NOTEからの冊子よりご紹介。
20170828_232047

MIKE STERN(マイク・スターン)
/BILL EVANS(ビル・エヴァンス)バンドのライブは
¥8,500.-也。

ページをめくって・・・

20170828_232106

ARTURO SANDOVAL(アルトゥーロ・サンドヴァル)は
¥8,800.-也。

ああ、ここにステキな説明が。
★Arturo Sandoval (アルトゥーロ・サンドヴァル)
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1046382611.html

隣の小曽根真にはひとまず触れず・・・
(といいながらももちろんこの人のライブにも
 行ったことはありますが。)

値段だけで安いだ高いだいう説明は
あまり好きではないけど、

cs


THE COREA/GADD BAND
¥12,800.-也。
チックコリアとスティーヴガットという
2大アーティストのライブ。

お値段はここ最近の中のBlueNoteでは
最上級のようですが、あの2人が見れて
この値段は・・・

安い!!
金額間違ってないか?!
こんな値段であの二人が見れるわけない!!

・・・ってね。
やっぱりこんな感じの紹介になるなぁ。
ほんとは金額もっとしてもいいライブですよーー

今日からBLUE NOTE 東京で
ライブがはじまりますね。

チックとガット、
どっちがどっちに陣取るか分からないので
お目当てを見たい方々は席に迷うかもしれないですが、
分からない場合には音のバランスを考えて
中央席を狙うのがよいでしょう。




music0funfun at 23:54|PermalinkComments(0)

2017年06月30日

Chic Corea(チック・コリア)


すっかり梅雨らしい
ジメジメとした日々が続いていますね。

入梅の頃は「今年はカラ梅雨かな?」と思うくらい
天気のいい日が続いていましたが。

こんなじっとりとした日は
爽やかな曲でも聞いて
スッキリしたいものです。

そんな時にはこの曲がオススメ。


◆Chick Corea Elektric Band - Eternal Child



チック・コリアといえば
なんとなくアツい演奏のイメージですが
指運びの軽やかなピアノの音を聞いていると
体にまつわりついてくる何ともいえない湿気が
あっという間に吹き飛んでしまいます。

何気なくチック・コリアをググってみたら・・・

cc

Blue Note 東京でライブがある!!!
しかも 8 月28日 ~ 31日の 4 日間!!

なんと名ドラマー「スティーブ・ガット(Steve Gadd)」と
競演だーーーー!!!

いやぁ・・・いつも最前線の音楽をプレイする人たちは
いつも新しいことに挑戦しますね。

どうやら北海道/札幌で開催予定の
「SAPPORO CITY JAZZ 2017」に8/26に参加するらしく
そのツアーのついでによるのでしょうか。

チケット料金はこちらのほうがかなりお得。

SAPPORO CITY JAZZ 2017
2017年8月26日(土)
開場12:00 / 開演13:00
札幌芸術の森 野外ステージ(札幌市南区芸術の森2丁目75番地)

【椅子指定席】前売4,500円 当日5,000円(税込)
【芝生自由席】前売3,500円 当日4,000円(税込)

北海道へ旅行するついでにチックのライブを見るもよし
BlueNoteでディナーとともに東京の夜を満喫するもよし
・・・お金があれば全部行きたいですね。

ちなみにBlueNoteのほうは最終日のチケットは
Sold Out。気になる方は早めに申し込みを!!



music0funfun at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月31日

Concha Buika(コンチャ・ブイカ)


モノ想いにふけりたいとき、
日々の忙しさから思いきり
気持ちを振り払いたいとき・・・

そんな時は濃い音楽が聴きたくなります。

最近そんな時に好んで聴く音楽といえば
Concha Buika(コンチャ・ブイカ)ですね。 

concha

悲しいくらいに行きそびれます。
日本フィルとの競演。


と、話はさておき。
以前ここ↓で紹介した
◆Charles Aznavour (シャルル・アズナブール)
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1011841825.html

が歌っている「La Bohéme - ラ・ボエマ」の
カバーなんて、すごく心に染み入ります。

"La bohème, la bohème"
"Ça voulait dire on est heureux"

 ラ ボエーム、 ラ ボエーム
 ぼくらは幸せだったってことだ

あの"La bohème"の言葉の繰り返しが
聴き入るたび日常から遠ざかるような
軽い催眠状態にしてくれます。

La Bohémeにはいろんな解釈があるようなので
無難に「ラ ボエーム」と訳している
もののサイトはうまいですね。

歌ができた頃の時代背景からすると
貧しくても青春で幸せだった頃、
言葉から純粋に理解すると
「ボヘミアン」のように自由なロマ族のような人。

どうりでこの歌に惹かれる自分がいるのでしょう・・・
そして歌うボーカルもスペインの血流れる
コンチャ・ブイカとあればなおさら。

そういえば、同じタイトルで
中森明菜も歌を出していましたね・・・




music0funfun at 20:43|PermalinkComments(0)

2017年03月31日

川口千里のライブ情報


前回ここ↓で紹介した川口千里。

★川口千里のスゴいところ
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1064675034.html 


ライブ情報を紹介しようと思っていましたら
すでに『CIDER 〜Hard & Sweet〜』 のアルバム
発売記念ライブは3月21日横浜 モーションブルー
の公演で終了したようですね。

★川口千里「CIDER ~Hard&Sweet~」発売記念ツアー
http://senridrums.com/ 

一足確認が遅く・・・
リアルタイムに報告できなくて残念! 

ただ、このアルバムとは別に
バックサポートメンバーとして
川口千里が出演するライブが
まだまだこれからもあるようです。

◆川口千里ライブ情報◆

5月 2日(火)
J & K with 川口千里
場所
LIVE SPOT RAG (京都府)
出演
梶原順(Gt.) / 安達久美 (Gt.) /
石川俊介 (Ba.) / 川口千里 (Ds.)


5月27日 (土)
Ace & Rolla
場所
チキンジョージ (兵庫県) 
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1701051&rlsCd=001
出演
Ace Nakaya(Vo.) / Shigeo"Rolla" Hendrix(Gt.) /
日下部正則(Gt.) / Masaaki "Cherry" Chikura(Ba.) / 川口千里(Ds.) 
 

そしていよいよ明日は 4 月 1 日。

彼女のオフィシャル Facebook でも
お知らせがありましたが、
音楽雑誌 Player5月号 がいよいよ発売です。

神保彰との特別対談、
どんな内容なのでしょうね。

時間を見つけて本屋で買い求めなければ・・・
 
 

music0funfun at 22:41|PermalinkComments(0)

2017年02月28日

川口千里のスゴいところ


以前、ここ↓のブログ記事で書いた川口千里。

◆川口千里(Kawaguchi Senri)
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1062766479.html 

とにかく「スゴい」ではあまりに雑だったかと反省し
彼女のことをはじめて知ったきっかけや
現在に至るまでを改めて説明したいと思います。 

川口千里という天才ドラマーの存在を知ったのは
確か今から10年ほど前でしょうか。

どの局かは忘れてしまいましたが
民放のテレビで天才キッズを集めて紹介する
番組があったのですが、そこに登場したのが
川口千里さんでした。

その当時、番組では他にも天才ギター少年が
紹介されていたりした覚えがあります。

それぞれの子供がすごい負けず嫌いで、
プロ顔負けの演奏をする姿に胸を打たれました。

その頃はまだ小学生だったでしょうか。
学校に通うかたわら、既に菅沼孝三から
レッスンを受けるというご家族の教育熱心さにも
驚きましたが・・・。

その英才教育振りが今の彼女を生み出したのでしょう。

菅沼孝三といえば「手数王」で有名なドラマーで
ドラムをはじめたひとなら教則本の一つくらいは
きっと持っていることでしょう。
 
そしてついに2016年12月21日に
アルバム『CIDER 〜Hard & Sweet〜』を発売。
キングレコードからメジャーデビュー。 

今やライブは当たり前、サイン会を開いたり
ドラムセミナーを開催したりとプロとして
精力的に活躍中。

tweet

元カシオペアの"ワンマンオーケストラ"で有名な
神保彰との特別対談も気になる話題です。
4月1日発売Player5月号に掲載されるようですね。

気になるライブ情報等、最新の情報をまた
次回更新していきたいと思います。


 

music0funfun at 20:43|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは