2018年01月

2018年01月31日

BLUE NOTE 東京の食事(味、タイミング等々感じたこと)


これが非常にマズかった。


料理はたしか1万円くらいの
フレンチフルコースだったので
味が不味かったわけではなく。

何が不味かったかというと・・・

頼んだメニューはコレ↓。

french

ライブが始まる直前にメインディッシュが運ばれてきて
チック様の演奏が始まったから食べるどころじゃなかった。

そのメインディッシュというのが
「温かいローストビーフ~」。

チックの演奏がひとつ終わって
食べようと思ったころには
もう冷めていたからちょっと残念。

「温かい」とある以上、温かいときに食べるのが
ベストタイミングと思われますが、
いやぁ~このタイミングはありえないと思いました。


そう。
不味いというのは料理が出てくるタイミング。
タイミングは超激マズだった。

しかもデザートにいたっては
ショーが終わってから出てきた。
このデザートのタイミングも不味かった。

次は2部が始まるのだから、
ササッと食べて出て行かないといけない。

それを食すのにあわてなければいけなかったし、
時間を気にしたりするとせっかくの料理の味も
十分に堪能することができなかった。

そしてなんとなんと、それに時間をとられたために、
物販でも残念なことがあった。

・会場には早めに入ること
・ライブが始まる前から食事は早めに手をつけること


以上が、演奏も食事も、
BLUE NOTEのすべてを堪能するコツと感じました。


ところで。
物販での苦く悲しい思い出はまた後日。





music0funfun at 22:47|PermalinkComments(0)雑記 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは