2017年11月

2017年11月29日

BLUE NOTE TOKYO のシステム&開演前にやっておくこと


雨の日のBLUE NOTE。
気持ちは澄み渡る秋の空。

cg-show

直筆サイン入りのパネルがお出迎え。


「当日ご来店後の流れ」というのが
BLUE NOTE のホームページに記載されている。
よく読んでから出かけてみたものの
実際のところはちょっと不便したことも沢山あった。

■BLUE NOTE Tokyo - 当日ご来店後の流れ
http://www.bluenote.co.jp/jp/reservation/#section05

上記の本家サイトだけでは
あまりに説明が手ぬるいのでもう少し詳しく記載しておきたい。


cg-show2

「ワンオーダー制」

BLUE NOTE で音楽を聴くなら、
一つは何か注文して頂戴、ということ。

当方はチケット予約をした際に
事前に料理も頼んでおいたが、
どうもそれはワンオーダーとはみなされなかったらしい。

席に着いてほどなくすると、
飲み物や食べ物のかかれたメニューを手渡された。

勝手が分からなかったので、飲み物を頼んでみたものの、
「チケット予約の際にすでに料理をワンオーダーしています」
と言えばスタッフの対応が違ったのだろうか。

・・・とういうことでミュージックチャージや食事の注文など
全部の支払いをあらかじめネット上で済ませたつもりだったものの
帰り際にまた支払いをしなければいけなくなった。

そんな支払いの行列で人は混むし待たないといけないし
面倒なこと面倒なこと。

音楽を聴いた後はどっぷりと余韻に浸りたいものの、
まぁ商売っ気たっぷりの現実にお付き合いしなければいけない。

この点はBLUE NOTE にはもう少し改善してほしい点と感じた。


cg-show3

「開演前にやっておくこと」

トイレはもちろん。
手荷物を預けておくのをお忘れずに!

手荷物を預け忘れると会場内で椅子に座ったとき
かなり邪魔になるのです。当方はコレで失敗しました。
暗がりの中、置き引きに遭っても大変ですしね。

・・・受付時にそういう説明がなかったのが残念ポイント。
これもBLUE NOTEには改善してもらいたいと感じた
ホスピタリティ不足の点。

トイレはタイミングを間違うととても混むので
開演前に時間をとって行っておくのがベスト。

このトイレがまたBLUE NOTEらしいちょっとした演出があり
ストレスに感じたもろもろのホスピタリティ不足を
少しだけ和ませてくれただろうか・・・

写真で分かるでしょうか?
男女の表示が音符になっています。


「ドレスコード」

ドレスコードに決まりはない。

公式サイトでも仕事帰りにお気軽にお立ち寄りください、と書いてある。

さすがに支払う金額の相場から考えて
下着なのか分からないヨレヨレのタンクトップにパンツ、
サンダル履きなど、それは家でする格好だろう、
というヒドい服装は遠慮したほうが良いとは思う。

あくまで「仕事」などを基準に、人前に出て差し支えない服装、と理解しておけば着るものは失敗はないだろう。

音楽のジャンルによるかもしれないが、ロック系のものなら
ジーンズにキレイ目のTシャツでもOKかと思う。

破れたジーンズが何十万もするような服もあるけど
分からない人にとっては誤解を生むだけの格好と思う。
あくまで客観的に一般的に小奇麗な服装を目指すのが基本かと。

もちろん、音楽を聞かせてくれるアーティスト本人達も
ラフそうに見える服でも、素材感のきちんとした服を着ている。

ドレスコードには定めはないものの、ある程度の「礼儀」ある格好で出かけるのが望ましいと感じた。


「お一人様OK」

それにしても、すごく格式高いというわけではないけど
料理含めるとトータルで3万円は超える場所だけに
身なりは小奇麗、パートナーとご来場の方の多いこと多いこと。

かといって同伴者がいなければ入ってはいけないところではない。
本当に仕事帰りであろうスーツ姿の女子2人組みが居たり、
革パンツに髪ツンツンのマッチョマンが1人で居たり
当日のBLUE NOTEは人種のるつぼと化していた。

そんなこんなで、一人でも十分楽しめる。
当方は隣近所の人と談笑して時間を過ごした。


music0funfun at 22:03|PermalinkComments(0)雑記 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは