2017年09月

2017年09月24日

BLUE NOTE TOKYOに行ってみた


先日記事にした
THE COREA/GADD BANDのライブを
見に行きたくて、いい席は取れなかったけど
初BLUE NOTE体験してきました。

もうね、チック・コリアは76歳、
スティーヴ・ガッドは72歳ですからね。
生きてるうちに・・・(余計な一言でしたら失礼!)
見れるときに見ておかないと!

ライブは1日2公演。
[第一ステージ] 17:30開場 18:30開演 
[第二ステージ] 20:20開場 21:00開演

当方は第一ステージを堪能。

総評:★★★☆☆(星3つ)
※BLUE NOTE全体の評価です。
 演奏はいうまでもなく五ツ星!!
 始まる前のことや物販、食事もろもろ含めるとこの評価になりました。

・・・次回行くときには少し楽しみ方を
わきまえていけると思うので評価はあがるかな?

初めて行ったからこそ感じたあれやこれ。
少しづつレポートしていきたいと思います。

・BLUE NOTE TOKYO 最寄のホテルとアクセス
・BLUE NOTE TOKYO ざっくりしたシステム
・入場までに済ませておくこと(ワタシはコレで失敗しました)
・座席のチョイス
・食事(味、タイミング等々感じたこと)
・物販(タイミング逃すと大変!)


そういえば、座席は、
本当はセンター席に座りたかったのですが
空いておらず僅か数席となっていた端の席に。

でも超レアな体験ができたので
よかったかなぁと思っております。

まさに残り物には福がある!!!

music0funfun at 22:11|PermalinkComments(0)雑記 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは