2016年10月

2016年10月31日

心に沁みる曲


10月も終わりに近づき、
朝晩と肌寒くなってきましたね。

周りでは早くもダウンジャケットを
羽織る人をちらほらと見かけるようになりました。

秋もほぼ終盤。
冬ももうすぐの予感ですね。

体の回りをジーーーンとあったかくしてくれる
お気に入りの一曲を紹介したいと思います。

以前こちらでも紹介した「Lonly Woman」。
 
◆雪女さんからお手紙が届きました。
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1006738079.html 

Lonly Woman はオリジナルは
Ornette Coleman(オーネット・コールマン) の作曲。

Ornette Coleman はアルト・サックス奏者で
ジャズの中でもフリージャズ(ボヘボヘ・ブワブワ系)に
属するプレイヤーです。

※ボヘボヘ・ブワブワ系・・・正式な呼び名はありませんが
 わたしのイメージからそう呼ばせていただきます。

そんな彼が珍しく曲らしい曲を作りました。
それが Lonly Woman。

◇Ornette Coleman - The Shape Of Jazz To Come 
(オーネット・コールマン-ジャズ来るべきもの)


・・・原曲を聞いても彼らしい
ボヘボヘ・ブワブワ感はやっぱり健在ですが。


色んなアーティストがカバーして広まっていますが
なんといっても Pat Metheny(パット・メセニー)が
ピカイチの演奏です。

他はHorace Silver(ホーレス・シルバー)のカバーも
よく耳にするでしょうか。

なんといってもお気に入りの Pat Metheny の
演奏をご紹介します。

◇Lonely Woman - Pat Metheny - Rejoicing


オリジナルと、アレンジ後の曲がぜんぜん違うところも
ビックリですが、そんな演奏を支えているドラマーは
どちらの曲も Billy Higgins (ビリー・ヒギンズ)です。
 
シズルシンバルが非常にいい音ですね。

その音とともにジーーンと体が温かくなるような
そんな優しい音楽で、とても大好きな一曲です。 

 

music0funfun at 14:54|PermalinkComments(0)音楽 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは