2016年08月

2016年08月06日

What a wonderful wolrd

すっかり蒸し暑い季節となりましたね。

今年、2016年の4月10日の話になりますが、
広島に「世界で最も貧しい大統領」こと
元ウルグアイのムヒカ大統領がやってきました。

連日メディアでも放送されていましたね。

一般市民のヒッチハイクに気さくに応じたり
海外出張の公費を請求することもなかったり
自宅や愛車は数十年モノの古いものだったり
給料のほとんどを寄付したり・・・

「貧乏とは、少ししかもっていないことではなく、
 かぎりなく多くを必要とし
 もっともっととほしがることである」

彼の名言のひとつですね。
某M元東京都知事も知っているはずですが。

(とはいってもMさんのやりかたには裏があって
 ああいった経費の計上方法はどこの会社でも「常識」とされてきました。
 ・・・ただ、時代的に「オンブズマン」などの監査が厳しくなってきたので
 自粛方向にありますので知っていてもやらない人がほとんどでしょう。)

・・・という細々とした話はさておき。


ムヒカさんの放送ではよく使われていた
「What a wonderful world」。
そういえば、彼の満面の笑みは
どことなく、サッチモを偲ばせるでしょうか。

◆ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)


What a wonderful world は
ジョージ・デヴィッド・ワイス(George David Weiss)と
ジョージ・ダグラス(G. Douglass)が作詞・作曲したもので
ベトナム戦争のさなかに、平和を夢見ながら作られたものです。

映画『グットモーニング、ベトナム』でも使われました。

ロビン・ウィリアムスが扮する空軍のDJが
この音楽を流すワンシーンがありますね。
 
辛い戦争を、ラジオを通して笑いで
少しでも元気にしようと奮闘する映画です。

その夢を描いた音楽に対して、
歌詞とは相反する皮肉な現実を映し出す映像が流れて、
本当に戦争の悲惨さを感じるばかりですが。

その現代版の動画もどうぞ。

◆WHAT A WONDERFUL WORLD この素晴らしき世界


平和を、平和を・・・・
本当に心からすばらしいといえる世界を・・・。

 

music0funfun at 08:12|PermalinkComments(0)音楽 | 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは