2015年05月

2015年05月28日

モチベーションがあがらない 前篇


「モチベーション」というのは、
そこかしこで聞かれるやる気のバロメータを指す用語です。

ただし、心理学的には「モチベーションの高い人」というのは
「欲求(needs)」、「動因(drive)」、「行動(behavior)」
この3つが連動して何かしらの行動に移して初めて
モチベーションが高い、と言えるのだそう。

たとえば何かに刺激を受けて
「自分もマイルス・デイビスのようなキーンな演奏がしたい!」
という欲求にかられ、Jazzの専門学校に通い、
メジャーデビューを目指して色んなライブハウスで腕を磨く。

メジャーデビューして
沢山の人に受け入れられたアーティストが、
ますます感動を届けたい、と作詞・作曲などに没頭し
ライブやCDアルバム発売などの活動を精力的に行う。

こういった、一連のことができる人のことを言うのだそうです。

thermometer

「自分もマイルス・デイビスのようなキーンな演奏をしたい!」
とどんなに周りに熱く語って眠れない夜を過ごしても、

何も行動に移せていない人は、
厳密には「意欲」や「やる気」はある、という段階で、
モチベーションが高いとは言えないとのことで。

これでは
「意欲」や「やる気」があっても何も行動できていない人と
「意欲」も「やる気」もなくて、何も行動していない人が
同義になってしまう気もしますが・・・

何にしても、人は立ち止まるときや、ああでもないこうでもない、と
悶々とする日々を過ごすことはよくあります。

特に自分が達成したことのない目標を持つ場合などは
何事もチャレンジの段階なので、わからないことも多く、
進んでもまた止まって、の繰り返しではないでしょうか。

自分が好きで長らく応援してきたアーティストが突然
「休業」宣言したり、社会的に成功した眩しい人たちも
突然モチベーションが高い状態を維持できず、
休むこともあるほどですものね。

そして今は5月。

そんな素敵なアーティストには程遠いわけですが
我々ささやかな日常生活を送るJazz好きな人々のために
5月からよく陥りやすい「五月病」に聞く
いくつかの処方箋を紹介していきたいと思います。

music0funfun at 18:49|PermalinkComments(0)雑記 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは