2014年09月

2014年09月26日

Someone To Watch Over Me

この曲もわたしのお気に入りの一曲ですが
Jazz の名スタンダードで、もともとは George Gershwin 作曲、
Ira Gershwin 作詞、ミュージカル『Oh, Kay(邦題:オー・ケー!)』
に使用されていました。

こちらも昨日登場の
Great American Songbook に載せられています。


そのタイトルの通り「誰かが私を見つめてる」と訳すのか、
「私を見守る誰か(そんな人が現れないかしら)」と訳すのかでも
歌詞の解釈が違ってくるようなのですが、後者の方でしっとりと
味わいたい曲ですね。

インストゥルメンタル版でももちろんのこと、ボーカルが入ってくると、
それを歌う人が女性なのか男性なのか、そして歌詞にでてくる
"He" なのか "She" なのかで言葉の響き方が違ったりと、
演奏の仕方でいろんな表情を見せて楽しませてくれます。


昨日も Great American Songbook について少し触れましたが、
どうやら Jazz のスタンダードを語るときに、背景として
知っておいた方がよい情報のようですので気になり少し調べてみました。

また本日も Wikipedia より・・・
 
Great American Songbook は 1920 ~ 1950 年の間に、
20世紀を代表する影響ある曲を取り上げた本で、
だいたいはミュージカルの舞台や映画で使用された音楽の中から
選ばれたもの、ということが書いてありました。

一つのものを覚えるときに、それに関連した情報もセットで覚えると、
人の印象に残りやすいという手法は暗記術の一つとして知られている
手法ですが、今でも何かのドラマと何かの音楽、というようにセットに
なっているものはよく触れますね。

そういったマーケティングはさておき、印象的な一曲です。

お気に入りの Michael Camilo の演奏を紹介したいのですが
シェアが間に合わず。後日用意できたら追記してお知らせしますね。


ランキングに参加しています。応援頂くと励みになります。↓↓↓クリック


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

ありがとうございます。

music0funfun at 10:14|PermalinkComments(0)音楽 

2014年09月25日

You Don't Know What Love Is


ふらっと入ったJazzバーで、お気に入りの演奏に出会って以来
仕事が終わればよく通ったお店があります。

薄給ながら好きなものに出会ったら一直線なもので
引っ越しまでの数か月間どのくらい演奏を聴きに行ったでしょうか・・・

夕飯ついでに立ち寄り、
たいしてお酒は飲めないのでノンアルコールカクテル一杯と
パスタ類をお供に一日の気分転換をしていたものです。

だんだんと顔なじみにもなってきたとある日。

「何かリクエストをどうぞ」と初めて聞かれ、
"You Don't Know What Love Is" の演奏をお願いしました。

Wikipedia によると、この曲は1941年に「Keep 'Em Flying
(邦題:凸凹空中の巻)」という映画のために作られ
Carol Bruce というブロードウェイの女優さんが歌ったのが始まりで、
Great American Songbook にも載せられたほど有名な曲です。

ただ、この曲は映画のリリース前に削除され、
1942年に「Behind the Eight Ball」というミュージカルで使われた、
とされています。

a0800_000128_m

もとの「Keep 'Em Flying」は Bud Abbott と Lou Costello という
コメディーデュオが登場する戦争中のドタバタ喜劇、
かたや「You Don't Know ~」はしんみりする曲ですので、
映画のイメージに合わなかったのでしょうか・・・

「Behind the Eight Ball」は、調べてみましたが
どのようなミュージカルの中身であったかまでは分かりませんでした。

ちなみに Eight Ball といえば
ビリヤード競技の一つで狙うのが一番難しい玉、
転じて非常に難しい状況にあることを意味しますが、
タイトルだけで想像するにはそちらの方がしっくりいくといえばいくでしょうか。

本当は、ほぼ同じような競い方になるものの
Nine Ball のほうが難しいようですが、それはビリヤードに詳しい方に
話を譲るとしましょう。



music0funfun at 20:37|PermalinkComments(0)音楽 

2014年09月20日

左利きのドラマーと奏法


一昔前までは左利きといえばすぐに矯正されるものでしたが
現在では右脳・左脳の研究が進んできたおかげもあり、
無理に矯正するよりも大切にしたほうがよい
「個性」として尊重されるようになってきています。

左利きの有名人としては古くはレオナルド・ダヴィンチ、
現代ではビル・ゲイツあたりが知られているでしょうか。

・・・昔なぜ左利きが矯正されたのか、といえば、
はさみが良い例ですが、日常生活で何の問題もなく利用できるはずの
ものが、左利きになると利用できなくなってしまう、という現実的な問題
からであったことが主な理由として考えられます。

今では左利き用のはさみも、野球のグローブも、楽器のギターも、
様々な道具が左利き用に作られてきていますね。

そんなストレスフリーな環境が整いつつある現代。
ドラマーについては、左利きの方が演奏に適している場合があります。

これは、ドラムセットの配置の理由からなのですが、
通常「ハイハット」というリズムを常に刻むカナモノは左側に配置されます。

Picture2

一方でアクセントを刻むタムやスネアなどのタイコ類は
右側に配置されます。

どちらがたたく頻度が高いかというと「ハイハット」となるのですが
大半の教則本が左側に配置しているハイハットを右手で叩くように
教えていますので、自然と手が交差する形で演奏することになります。

常時交差して演奏・・・クロスハンドスタイル、と呼ばれる演奏ですが、
手が交差するので、タイコが叩きにくい、というデメリットがあります。

一方で、同じセッティングのまま、
左利きの人がハイハットをたたこうと思うと
自然と、左手で左側のハイハットをたたくことになるので、
手が交差しません。これをオープンハンドスタイル、と呼んでいます。

しかもハイハットは一定のリズムを刻む一番大事な部分になりますし、
ジャズの場合には、手で叩かずに足でペダルを踏む場面も多いので、
足も左利きであれば、なおさら有利ですね。

東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一さんはこのスタイルです。
ご本人は、左利きではありませんが。

純粋に左利きの人、といえば元東京事変の刄田綴色さん。
同じく左側にハイハットを置くオープンハンドスタイルです。

それから、ハイハットを右に置く、本当に左利き向けのセッティングで
利き手ではない右手でハイハットをたたくスタイルで演奏しているのは
フィル・ウッズと共演していたダニエル・ユメール。

右利きの人であっても、手が交差せずに効率よく演奏する、
という観点からすれば、必ず教則本に書かれている
クロスハンドで叩かなくても、オープンハンドでもいいかもしれませんね。


music0funfun at 19:24|PermalinkComments(0)雑記 

2014年09月12日

Jr.

クリント・イーストウッドのピアノの腕前は評判ですが、
その息子が、ミュージシャンをしているのをご存知でしょうか。

その名はカイル・イーストウッド。
ベース弾きであり、コンポーザーです。
最近では「硫黄島からの手紙」の音楽を担当していました。

小さい頃から身の回りに芸術があふれる生活。
想像しただけでも、とても素敵な恵まれた環境ですね。
(当の本人は大変だったと言うかもしれませんが・・・)

クリント・イーストウッドの映画には
耳を澄ませばたくさんのJazzが流れています。
本職は俳優・映画監督さんですが、こうした一面で見てみると
Jazz 一家ともいえるかもしれませんね。

ほか考えられるジャズ一家を思いつくまま上げてみたいと思います。

 ■ラヴィ・コルトレーン
  ジョン・コルトレーンの息子。テナーサックスを演奏します。

 ■キャシー・リッチ
  バディー・リッチの娘。ボーカル。
  ちょっと美人さんなのもあってTVの司会をしたりアメリカでは有名です。

 ■ナタリー・コール
  ナット・キング・コールの娘。ボーカル。

 ■ブルーベック兄弟
  デイブ・ブルーベックの息子たち。
  クリス・ブルーベック:トロンボーン・ベース
  ダニエル・ブルーベック:ドラム

 ■マルサリス兄弟
  エリス・マルサリスの息子たち。
  ブランフォード・マルサリス:サックス
  ウィントン・マルサリス:トランペット
  デルフィーヨ・マルサリス:トロンボーン
  ジェイソン・マルサリス:ドラム

下記にウィントン・マルサリスの演奏の一部を紹介したいと思います。


親からのDNAを引き継ぎつつ、
自分の魅力もプラスして光り輝かせるプレイ。
どうぞご堪能ください!




music0funfun at 23:05|PermalinkComments(0) 

2014年09月11日

Bette Midler (ベット・ミドラー)

以前少し紹介した Bette Midler(ベット・ミドラー)。

もともとはブロードウェイのミュージカル出身ですので、
歌も演技も、踊りもできる、歌手・女優さんです。
笑った時の、プックリほっぺが愛らしいんですよね。

bette midler

彼女が出演している映画は多数。
コミカルもシリアスもなんでもこなしますが、
おススメは「ステラ」でしょうか。

愛娘の結婚式を、わけあって会場内で祝うことができず、
雨の中、外からそっと眺めて、傍にいる警備員さんから
不審者に間違われつつも、その幸せな姿を見送るという・・・

最後はそんなほろ苦いシーンではありますが
素敵な映画ですので、機会があればご鑑賞を。

なるべく楽しい話題を、と思っているこのブログですが
胸を打つ感動的なものには、涙を誘うストーリーがつきものなもので・・・
どうしてもこの種のチョイスになってしまいます。


ところで。

本日は 9 月 11 日。
また、あの忘れられない日がやってまいりました。
アメリカ時間だともう少しあるのでしょうか。

以前彼女が、旧ヤンキース・スタジアムで歌っていた
Wind Beneath My Wings (邦題:愛は翼に乗って) を
紹介したいと思います。

この曲は映画「フォーエバー・フレンズ」のサントラになり
ビルボードで一位を獲得したこともあります。


9.11 のセレモニーで歌われており
邦題の「愛」を超えて、自分を支えてくれた人への感謝など
沢山の意味が含まれており、特にこの場で歌われるには
意味深い、とても感動的な歌です。



それぞれの My Hero に感謝しましょう・・・
Thank you, thank you....



music0funfun at 00:40|PermalinkComments(0) 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは