2018年02月28日

物販(タイミング逃すと大変!)


ではでは、前回の BLUE NOTE での食事の話に続き。
今回は物販のお話。

せっかく BLUE NOTE までやってきたわけですから
やはり記念の品を買っていきたいですよね。

だいたいああいうのって、ライブが解散したあと
夢見心地に頭もポーーーっと会場を出たところで
ワラワラと色んなものが目の前で売られているものです。

「チック・コリアとスティーブ・ガット(とその仲間達)
 やっぱサイコーーー!!」


「握手してもらっちゃった(ヘヘヘ)」

そんな状態じゃぁ、平常心はどこへやら
気づいたら色々買ってしまいそうにもなります。
アチラもその心理を上手く使ったニクい商売をしてきます。

それは BLUE NOTE でも変わりないわけで。


!!だがしかしBUT!!


あの前回の料理の件で時間をとられたワタシは
どうやら物販の品を買い求めるのには少し遅かったようで
受付ではすでに 二部の受付がはじまっている状態。
(ライブはだいたい1日2公演なのです。)

物販見てるのになぁ。

2部のお客さんの混雑で手一杯で
スタッフの人は若干迷惑そうだ。
・・・とりあえず、欲しいものあるし、声を掛けるかな。

「一部が終わって出てきたところなんですけど
 そういう人はどうしたらいいのですか?」

(心の声1:もう物販買うな、ということ??)
(心の声2:ライブ終わった後に食事出てきたから
       物販すぐに買いに行けなかったわ)


と聞いた所、

「それは個別に対応します」

・・・とのたまうスタッフ。
なんじゃそのチョー上から目線の返事は。


そんなこんなで買った物販だったが
そんな扱いを受けた上での買い物だったので
正直気分はよくない。

しかも2個買いしたかったのに品切れ。
Tシャツはサイズ違い、色違い品もまともにない。
ガッカリなことばかりだった。

ライブの感動後にこんな扱いを受け
少々感動のさめた瞬間だった。

大丈夫か BLUE NOTE。
いいアーティストさん来るとこなくなっちゃうから
頼むからもっとしっかりしてくれ~

行けたらまた行くからYO!



music0funfun at 17:06│Comments(0)雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは