2017年06月30日

Chic Corea(チック・コリア)


すっかり梅雨らしい
ジメジメとした日々が続いていますね。

入梅の頃は「今年はカラ梅雨かな?」と思うくらい
天気のいい日が続いていましたが。

こんなじっとりとした日は
爽やかな曲でも聞いて
スッキリしたいものです。

そんな時にはこの曲がオススメ。


◆Chick Corea Elektric Band - Eternal Child



チック・コリアといえば
なんとなくアツい演奏のイメージですが
指運びの軽やかなピアノの音を聞いていると
体にまつわりついてくる何ともいえない湿気が
あっという間に吹き飛んでしまいます。

何気なくチック・コリアをググってみたら・・・

cc

Blue Note 東京でライブがある!!!
しかも 8 月28日 ~ 31日の 4 日間!!

なんと名ドラマー「スティーブ・ガット(Steve Gadd)」と
競演だーーーー!!!

いやぁ・・・いつも最前線の音楽をプレイする人たちは
いつも新しいことに挑戦しますね。

どうやら北海道/札幌で開催予定の
「SAPPORO CITY JAZZ 2017」に8/26に参加するらしく
そのツアーのついでによるのでしょうか。

チケット料金はこちらのほうがかなりお得。

SAPPORO CITY JAZZ 2017
2017年8月26日(土)
開場12:00 / 開演13:00
札幌芸術の森 野外ステージ(札幌市南区芸術の森2丁目75番地)

【椅子指定席】前売4,500円 当日5,000円(税込)
【芝生自由席】前売3,500円 当日4,000円(税込)

北海道へ旅行するついでにチックのライブを見るもよし
BlueNoteでディナーとともに東京の夜を満喫するもよし
・・・お金があれば全部行きたいですね。

ちなみにBlueNoteのほうは最終日のチケットは
Sold Out。気になる方は早めに申し込みを!!



music0funfun at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 音楽

2017年05月31日

Concha Buika(コンチャ・ブイカ)


モノ想いにふけりたいとき、
日々の忙しさから思いきり
気持ちを振り払いたいとき・・・

そんな時は濃い音楽が聴きたくなります。

最近そんな時に好んで聴く音楽といえば
Concha Buika(コンチャ・ブイカ)ですね。 

concha

悲しいくらいに行きそびれます。
日本フィルとの競演。


と、話はさておき。
以前ここ↓で紹介した
◆Charles Aznavour (シャルル・アズナブール)
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1011841825.html

が歌っている「La Bohéme - ラ・ボエマ」の
カバーなんて、すごく心に染み入ります。

"La bohème, la bohème"
"Ça voulait dire on est heureux"

 ラ ボエーム、 ラ ボエーム
 ぼくらは幸せだったってことだ

あの"La bohème"の言葉の繰り返しが
聴き入るたび日常から遠ざかるような
軽い催眠状態にしてくれます。

La Bohémeにはいろんな解釈があるようなので
無難に「ラ ボエーム」と訳している
もののサイトはうまいですね。

歌ができた頃の時代背景からすると
貧しくても青春で幸せだった頃、
言葉から純粋に理解すると
「ボヘミアン」のように自由なロマ族のような人。

どうりでこの歌に惹かれる自分がいるのでしょう・・・
そして歌うボーカルもスペインの血流れる
コンチャ・ブイカとあればなおさら。

そういえば、同じタイトルで
中森明菜も歌を出していましたね・・・




music0funfun at 20:43|PermalinkComments(0) 

2017年04月21日

Player5月号

pl

買うだけ買って読んだ気になっていた
Player5月号。

Playerは日本のアーティストばかり扱うし
ロック色が強いので縁遠い雑誌なのですが
気になっていた川口千里の対談記事目当てに
久しぶりに入手して、本日熟読いたしました。
(ギター記事の多いこと多いこと;;)

jk

まぁ、神保彰氏はさんざんと教則ビデオやら
その手のものでたくさん見ているし、
たくさんの人がその名前を挙げるので
もういいかなという気分でしたが。

読んでみればキャリアの長い神保氏の
話す分量は多く、とてもテクニカル。

神保氏は58歳、川口千里は20歳。

今の時代の20歳である川口千里と、
その昔の神保氏が20歳だった頃を比べたときに
神保氏曰く、川口千里は
"これはもう信じられないこと"だったり
"間違いなく新世代を代表するドラマー"
だそうで。

年齢や生きてきた時代を超えて、
ドラムの新境地をいつまでも求め続ける
挑戦者であるという意味では
先輩も後輩もなく同じ目線だからこその対談。

とても愛と期待の伝わる神保氏の言葉と
川口千里の初々しくパワーにあふれる話と
これまでの2人の歴史と熱意に触れることのできた
よい記事でした。

ああっ!!
川口千里にスポットを当ててブログを書くつもりが
なぜか神保氏中心になってしまった。


その昔ここ↓で書いた

★変拍子
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1006130532.html

のリストに
川口千里のメジャーデビューアルバム
"CIDER ~Hard & Sweet~"の1曲目、
"FLUUX CAPACAOTOR"を加えないといけないですね。

彼女曰く、この曲は11/16拍子だそうです。





music0funfun at 23:50|PermalinkComments(0)雑記 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは