2018年05月31日

「らしさ」を演出する道具


ずっと気になっていたコレ。

■山崎まさよしー Cossroad
 

左手薬指にはめている謎の物体。
ギター弦の表面をスライドさせて何とも言えない
ルーズな音を響かせる。

その道具の名は・・・
「スライドバー」。

なぜかブルースギターと聞くとこの道具を思い出す。

そして。

Jazz のトランペットといえば・・・

■Miles Davis


マイルス相手に「お土産だよ」と
食品サンプルを出すジョーク。やるなぁ。

あ、違った違った。
こっちこっち。

■Miles Davis/John Coltrane - Konserthuset Stockholm (1960 FULL CONCERT)


ジャズのトランペットというと
すぐに思い浮かぶのはこの「ミュート」。

中でもマイルス・デイビスが表現するミュートは
そのメーカーの名前をとって
「ハーマンミュート」と呼ばれているらしい。

'Round midnight でもチョイスしようと思いましたが
もうさんざんと紹介しているので省略。

ここら辺の記事が参考になるのでお時間があればぜひ。
■ハーマン・ミュート
http://www.junkstage.com/ohta/?p=814

■マイルスのミュート・トランペット/快楽ジャズ通信
https://youtu.be/HlfcjPh7Dhk

それにしても「ミュート」とは
元来は「消音」を意味する言葉。

ジャズにはやはり型にはまらない自由さがあります。


わたしが動画で見たことのあるミュートトランペットは
「どこの学校給食で使ってる皿盗ってきたんだ!」
と思えるくらい見た目に本当にお皿の形をした
ほんのりカーブがある手のひらサイズの金属のお皿だったのですが・・・

トランペットのベルに本当にそのお皿をあてがっては
フタをするようにワウワウと演奏するのです。

誰の演奏だったか不明。
ビッグバンドで使われていたのですがね。
何かのジョークとも思えないくらい
どこかのライブで使われていたもののはずなので気になっていますが
どこを見ても探し出せず。残念。

なんだかそんなトランペットの話を調べがてら色々と見ていたら
面白い記事を発見。

黒人は 唇が厚いから トランペットが吹ける
http://blog.nakagawa-music.net/?eid=1069573

そういえば前にさらっと歯の話をしましたね。
■中性
http://livedoor.blogcms.jp/blog/music0funfun/article/edit?id=1007298083

music0funfun at 11:20|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

宇田大志(Uda Taishi)


4月も終わりとなってきました。
もう初夏の香りが感じられる季節ですね。

なのになぜか You Tube で見ていた
「枯葉」が気になり。

いつものことながら季節感まる無視で
書きたいことを気ままに書き綴っております。

■枯葉 ジャズソロギター - 宇田大志(Uda Taishi)


どこでやったライブなのかは謎ですが、
ライブ中の動画のようです。

ギターのクリーントーン、
いつまでも聞いていられますね。

・・・ところで宇田大志(Uda Taishi)って誰?

こんな丁寧な教則ビデオまでアップしてるけど。
(田舎にいてはこんなハイレベルなジャズの手ほどきは受けれない。)



You Tube ってやっぱりすごいわー
というか、やっぱり宇田大志(Uda Taishi)って何者?

というのが気になり。
ほうほう。

宇田大志(Uda Taishi)・・。・★・。・☆・・。・★

1986年生まれ、岐阜出身、ジャズギタリスト。
◆第32回浅草ジャズコンテスト、ソロプレイヤー部門金賞受賞。
◆2015年 GIBSON JAZZ GUITAR CONTEST 準グランプリ。
現在都内のライブハウス中心に精力的に活動中。

日頃のジャズライブの動画や、
ジャズギターレッスン動画を発信します。

◆レッスン情報、ブログは→http://uda335.com/
◆ライブスケジュールは→http://ameblo.jp/shiitadau/

・・。・★・。・☆・・。・★・。・☆・・。・★・。・☆

上記はご本人のYou Tube のサイトにある公式プロフィールです。
(https://www.youtube.com/user/shiitadau/about)

まだWikipediaなどに掲載されるまでではないようですが、
リットーミュージックから教則本も出していますので
スゴいプロフェッショナルギタープレーヤーに
間違いはないと思われます。

ええっと、宣伝みたいになりそうなので
あんまりリンクやらをペタペタと貼りたくないので
本のタイトルだけ紹介を。

============================
■宇田大志(Uda Taishi) 執筆本

タイトル:3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法』
  発売:2017/9/25

なんでもベストセラーだそうですよ。
確かに、Amazon にもレビューが 59件もついていました。
(※2018/04/21 段階の情報なので、数字が変動する可能性あり)
============================

しかも宮之上貴昭氏に師事したこともあるようなので
やはり只者ではない。


・・・ピックを使わない奏法が特徴。

宇田大志さんもピック使っていませんね。
はーーーでもあの手首や指運のやわらかいこと。

演奏もいろんなものがアップされていますので
結構楽しめます。

■A列車で行こう Take the A Train / ジャズギタートリオ


確かに、この楽曲ってギターでは聴かないかもなので
珍しいかもしれませんね。

・・・というか、
ここで一緒に演奏しているあのドラマー誰??

などなど、新しい疑問が湧いてきましたが
楽しみなアーティストをまた見つけました。

アメブロによると・・・
uda-taishi

・・・ということですので、
今はちょうど2018年。
きっとこれまで本の執筆活動等々で忙しかったのでしょう。

ひと段落したらライブも見れるのかな???



music0funfun at 16:25|PermalinkComments(0)

2018年03月27日

その価値 2 円とは


芸能人の不倫スキャンダル
政治家の忖度で辞める辞めないの話
本人を責められなかったら
家族のことまで引っ張り出す。

・・・矢面に立たされる人は変わっても
ニュースの中身には変わりなく
三流TVは見る気にならないこのごろ。


ふと思い立って、自宅にある本を整理しようと
捨てるには忍びない品々を買い取りに出してみた。

本を売るなら・・・
なぜかブックオフという選択をせず
Amazon の買取サービスを使ってみた。

心理学や社会学、統計学、専門書や辞書の類。
音楽用のソルフェージュやら輸入モノの楽譜。
もうその当時必死で勉強していた数々の本や
のぼせて買い集めた品々は今やただの置物になっている。

高いものはウン万円したはず・・・

そう思えば思うほど、
捨てるに捨てられなかった本たちなので
買い取ってくれれば「捨てる」という罪悪感もなく有難い。

rikoma


ネットで頼んでみたところ早くも翌日には引き取りに来てくれた。

箱詰め用のダンボールは頼めば無料で用意してくれるらしいが
ネットで買い物をした際のダンボールがありあまっているので
そちらを使うことにした。

60 x 40 x 70 サイズくらいのダンボール3つ分くらいの量、
小さな本や辞書サイズの大きな本を含めてざっと100冊くらい
元の値段にして20万円(専門の辞書もあったので多分もっとする)
くらいの本を送り出すことにした。


本棚もスッキリ、どことなく心もスッキリ。

人が断捨離を薦めるのが何となく分かった気がした。
お金を払って人形供養をする人の気持ちも分った気がする。
ぜんぜん後腐れなくサヨナラだ。

初めて買取を依頼するときには、その後の支払いの関係から
初回に限り本人確認書類が送られてくる。

・・・ハガキだった気もするが後日談が衝撃過ぎて
もうそんなものは今後使わないだろうと捨ててしまった。


さて、その後日談。
本を引き取ってもらい、
本人確認も完了し1週間ほど過ぎたある日。

【リコマース宅配買取】Amazonギフト券発行のご案内

なるメールが届いた。

そうかそうか。
査定してもらった金額に文句を言わないので
あっちで見積もってもらった金額を Amazon ギフト券で
そのまま買い取ってもらうように頼んでたんだったわ。

リコマースは、Amazon から買取を委託されている業者さん。

amagif

ははは・・・・20万円相当が 2円。

引取りの送料等がかからなかったから
差し引いて2円もあればいいのかな?

Amazonギフト券の有効期限が 10 年あっても
2円ってどう使ったらいいものか。

25

ヤフオクで元の値段よりも高値で売っている人もいるし
いらなきゃ(というかもてあます!)これも売っちゃおうかな。


ちなみに・・・

sj

結構年代モノのスイングジャーナルが 540 円で売られていた。
もちろん今のところ入札者なし。

以前の記事で少し触れましたが、現在休刊となっております。

Swing Journal
http://jaz-after-jaz.blog.jp/archives/1007299660.html


昔のものほど今ほど情報規制がうるさくなかったから
お宝情報が入っていたりすることもあるんだけどなぁ。




music0funfun at 00:44|PermalinkComments(0)雑記 
ギャラリー
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 「らしさ」を演出する道具
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • 宇田大志(Uda Taishi)
  • その価値 2 円とは
  • その価値 2 円とは